就職活動とは?【就職活動を行う上での考え方を詳しく解説します】

  • 2019年8月4日
  • 2020年2月17日
  • 新卒
  • 62view

僕が思うのは、良くも悪くも

「日本のしきたり」

のようなものだと思っています。

でも、いざ時期になると人に流されて就職活動をやっている人の方が多いんですよね。

何かビジョンを自分で考えて「就職活動をやらない」という選択肢を取る人は、良い意味で、すごいなと感じますし、将来性も感じますよね。

なので、今回の読者想定は

  • 人に流されて就職活動はやりたくない!
  • 始めるんだけどどうしていいのか、わからない・・・

です!

それでは、いってみましょう!

就職活動とは?【就職活動を行う上での考え方を詳しく解説します】

  • 説明会
  • 書類選考
  • グループディスカッションや面接(複数回)(個人・集団)

ざっくりと就職活動ってこんな感じで、上に書いてある選考内容を見ただけで、「うわ、これ苦手かも」って思うようなものあるんじゃないですか??

その選考を有利に進めることができる就活支援サイトもあります。

詳しくはこちらの記事から↓

就活を有利に進めるサイト【優良オススメ就活サイト】

まず今回は就職活動の考え方や始めるにあたって何をすればいいのかというのをお送りします。

これだけは守ってほしい!!

就職活動やろうって人みんなが就職活動してるから自分もやろうって流されて何も決めないまま活動するのは、やめましょう!!(笑)

これ、僕の体験談で、仲良い友達が就職活動してたりとか駅で見かける如何にも「就職活動やってます!」みたいな人を見て焦る気持ちはあるんですよね。その焦燥感から何をするかというととりあえず、説明会受けて、とりあえず履歴書書いて、、、って「とりあえず」が多くなってしまうんですよね。

なので、焦ったりしないで、「自分は自分」でやれることからやり始めていきましょう!

活動期間によく「時間ないよ」とか僕も言われてきましたけど、

正直あります。(笑)

なぜかというと、年をまたいでも結構募集している会社もあるんですよね。

早めに選考が終わる会社が必ずしも自分に合う会社とは限りません。始めるのが遅くても良いんです。焦らずじっくり時間をかけて、「自分は何がしたいんだろう」とか「何が得意で何が苦手なんだろう」とか、その他自分の事を沢山考えた人が得をするのが就職活動です!

「とりあえず」で選考を進めていった会社に、「内定」という甘い言葉に誘われて「とりあえず内定承諾」して「とりあえず入社」

会社に入ってみたら、サービス残業だらけで休みないとか給料少ないとか。まさに、「ブラック企業」

そんなの嫌ですよね。

なので、「就職活動やるか」って人、この活動期間はじっくり自分と向き合ってください!そうすることで絶対自分に良い結果が返ってきます!

上から目線な書き方ですけど、今まで書いてきたこと全て僕の体験談(ブラック企業以外)です。やったらやった分だけ返ってくるものはあるので、どうせやるならとことんやってやりましょう!!

就職活動とは?【就職活動を行う上での考え方を詳しく解説します】 | まとめ

就職活動を実際にやってみて「運」は必ずあるということを理解しました。

正直自分の「運」で決まるようなものだと思っていた方がいいかもしれないです。

考えてみれば、たった15分の面接で面接官が就活生の何を理解してどこが良いなんて正直分かるはずないんですよね。

だからこそ、印象だったり立ち居振る舞いがしっかりできているかもポイントなんだと思いますが。

でも、その人の良さを見抜けるほど面接官も能力があるわけではないので、失敗しても気にしないで切り替えてどれだけ前に進めるかが重要なポイントです。

選考についてのコツを解説している記事があります。

就活準備編

内定獲得①(自己分析~説明会編)

内定獲得②(筆記試験~面接編)

内定承諾編

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!