Wantedlyは就活に使える?【ネタバレ:新卒・既卒ともに使える】

悩んでいる人
Wantedlyで就活ってできるのかな?ついでにWantedlyで就活をした人の体験談が聞きたい。
 
興味がある人
そもそもWantedlyってどんなサービスなの?

 

こういった疑問を解決していきます。

 

こたろう
僕はWantedlyを活用して転職活動を行ったのでリアルな話ができます!
新卒での就活でWantedlyは利用していませんが、新卒の求人数は多数ありましたよ

 

・Wantedlyは就活で使えることが分かる
・Wantedlyで転職したときのリアルな感想が分かる

 

そもそも僕がWantedlyに登録したきっかけは、Web制作を始めたからです。

僕は会社で働きながらWeb制作をしたり、当サイトの運営をしていました。

 

結果的に僕はプログラミングを用いてWeb制作をするより、文章での情報発信に興味を持ったのでWantedlyを活用してWebライターになりました。

 

こたろう
Web関係の仕事って今まで「自分にはできない」ってメンタルブロックがあったから、やっていなかったんだ。でも、始めてみたら楽しくて今後はWeb制作の勉強も再度していこうと思ってる!

 

僕が文章での情報発信に興味を持った理由に関して、詳しく書かれている記事があります。

気になった方は、プロフィールページも参考にしてみてください。

関連記事

北海道庁こたろう初めまして。当ブログを運営している こたろう です。 このページでは、生い立ち~ブログ立ち上げの経緯、将来ビジョンについて紹介していきます。 それでは、いってみましょ[…]

 

それでは、Wantedlyを利用して転職活動をした僕の話を共有していきます。

Wantedlyは就活に使える?【ネタバレ:新卒・既卒ともに使える】

Wantedlyは就活に使える?【ネタバレ:新卒・既卒ともに使える】

 

こたろう
そもそもWantedlyって何!?
という方のために軽くWantedlyの説明をします。
 
Wantedlyとは???
WantedlyとはFacebookのつながりを活用したソーシャルリクルーティングサービスです。求職者からすると「転職」「インターン」、企業側から見れば「採用」などに特化したサービスになっています。

 

簡単に言うと、マイナビやリクナビなどの大手就職サイトのSNS版です。

他サイトと比べると大企業の求人は少なく、スタートアップ企業やベンチャー企業が多い印象です

ですが、最近では大企業やNPOにも利用が拡大しています。

 

こたろう
それでは、Wantedlyで就活(転職)した体験談をこれから紹介していきます。

Wantedlyで就活するメリットはなんといっても手軽さ

Wantedlyで就活するメリットはなんといっても手軽さ

 

Wantedlyを利用して転職活動する1番のメリットは

手軽さ

これに尽きます。

 

Wantedlyでは応募した後、いきなり選考に進むのではなくカジュアル面談からスタートします。

カジュアル面談で会社の内情を知ってから、本選考に進むかどうかを連絡するといった形です。

こたろう
初めてWantedlyを利用した時、「応募ボタン」がなく「話を聞きにいくボタン」しかなかったので驚きました!まずは、カジュアル面談からスタートするという点では就活の概念が変わりました!

 

事前に会社の情報を詳しく知ることができるので、自分に合いそうな企業なのか見極めることができます。

 

こたろう
話を聞きにくボタンを押したからといって、全ての企業から連絡が来るわけではありません。企業側が気になる人にしか返信が来ないので、その点についても就活の概念が変わりました!(笑)

なのでWantedlyは手軽に応募ができるので比較的、選考へ進むハードルが低くなります。

 

カジュアル面談などで選考へのハードルが低くなる分、採用側からすると難しい面もありますよね。

結局は、会った人全てが選考へ進むとは限らないので採用側も大変です。

 

でも、就職活動に「手軽さ」を選ぶのであればWantedlyは有効に活用できます

一度、Wantedlyに登録してその手軽さを体験してみてください!

下記から無料で新規登録をすることができます!

≻≻ Wantedlyに無料で新規登録する

Wantedlyで就活するデメリットは社内のビジョンや業務内容しか知れないこと

Wantedlyで就活するデメリットは社内のビジョンや業務内容しか知れないこと

Wantedlyで転職活動をしようと思った場合、

Wantedlyには、給与や休日など福利厚生に関しての掲載はありません。

これはWantedly側の意図で、経営ビジョンや人で会社選びをしてほしいという意味合いも含まれています。

 

しかし、カジュアル面談や選考を通して給料などについて知ることができます。

こたろう
まずは気になる会社に応募してみることから始めてみてください!僕が会った方は、どの方も優しい方でなんでも答えてくれました!

≻≻ Wantedlyに無料で新規登録する

Wantedlyで就活してみて実際どうだった?にお答えします!

Wantedlyで就活してみて実際どうだった?にお答えします!

 

こたろう
ここからは更に深くWantedlyを利用して転職活動をした僕の体験談を紹介していきます!

 

まず、僕が一番に思うことはこちらです!

いや、新卒の就活より楽しいじゃん

 

これにはもちろん先程、紹介した手軽さも含まれています。

手軽さだけではなく、正直言うともっとメリットはあります。

 

・カジュアル面談で会社に関係ないことも聞ける
・社長に会って話を聞くこともできる

 

新卒の就職活動を経験した人なら分かると思いますが、この経験は新卒の就活では中々できないことですよね。

 

こたろう
僕の場合、当サイトの運営もしていたので運営する中で困っているところやブログ記事のアドバイスもいただけたりしました!

 

カジュアル面談ならではの話をすることができ、その後の当サイトの運営にも活かすことができました。

 

また、普段の人が生活していて社長と会って話する機会って基本的にありませんよね。

Wantedlyではその経験もできるので、珍しい体験をすることもできます!

 

選考について知りたい人
ところでカジュアル面談の後は、どんな感じの選考だったの?

 

選考については就職活動を経験した人であれば想像ができますが、書類選考~面接(複数回)という基本的な流れでした。

 

カジュアル面談で実際にお会いした方との面接もありましたが、初めての人よりも話易いので良いですよね。

 

こたろう
Wantedlyを利用した転職活動はとても楽しかったです!
 
関連記事

Wantedlyの口コミや評判が気になる人Wantedlyを利用した人の口コミやリアルな感想が知りたい。ついでにWantedlyを上手く利用するためのコツも知りたい。 こういった疑問を解決していきます。 […]

Wantedlyで就活するなら大手就活サイトも登録しておこう!

Wantedlyで就活するなら大手就活サイトも登録しておこう!

 

こたろう
Wantedlyで就活するなら大手就活サイトにも登録しておくことをおすすめします!
 
Wantedlyはスタートアップやベンチャー企業が大半なので、中堅~大手企業が少ない就活サイトです。
 
したがって、大手就活サイトに登録しておいて企業を網羅しましょう
 
そのほうが、自分と企業とのミスマッチも防げるので就職したあとも楽ですよ
 
新卒者ならマイナビ・リクナビは確実に登録しておくのがベスト。(もう登録済みだとは思いますが)
また、就活を有利に進めるためには選考情報を事前に把握しておくことも大切です。
 
こたろう
選考情報を事前に把握できるサイトがあるので、リンクを貼っておきますね。
 
無料で登録できて中小企業~大手企業まで幅広い企業の選考情報が得られる「就活ノート」。こんなメリットがあります。
 
・前年度のES内容を把握できる
・すべての面接で聞かれた内容を把握できる
 
事前に知ることができれば、就活もすぐに終わって楽できますよね。
事前に情報を入手したいって人だけ、登録してみてください。知っておいて損はありませんね。⇩
 
こたろう
また、転職者ならおすすめなのが大手転職サイトの「リクナビNEXT」。
 

登録しておくだけで勝手に企業からオファーメールが来たり、希望条件や職種とマッチした企業をお知らせしてくれたりと便利なサイトです。

 

有名な転職サイトなので、登録していない人がいないとは思いますが一応リンクを貼っておきますね。

≻≻ リクナビNEXTに無料で新規登録する

 

企業の網羅性も意識しながら、就活や転職を進めてみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!