影響されやすい人が意識したいこと【考え方を変えれば爆速で成長する】

 

悩んでいる人
他人に影響されやすくて困っている。
例えば、ドラマや映画で見た人の癖とか、YouTubeで見るルーティン動画とかに影響されて、自分の生活の一部に取り入れてしまう。
このままだと悪いことまでも影響されそうだし、自分らしさが分からないから何とかしたいな…
 
 
こういった疑問を解決していきます。
 
 
・前提:影響されることは良いこと?悪いこと?
・影響されやすい人の特徴
・影響されやすい人が意識したいこと
 
 
本記事を書いている僕も、他人から影響を受けやすい人だと思っています
  
先日の僕のツイート

 

こんな感じで、ドラマの主人公が頻繁に食べるものを自分の食事にも反映させたくなったり、映画で見た俳優の行動とかも自分で真似したり。
 
いろいろな人の行動とか癖とか嗜好品とかを取り入れすぎて、自分が何かよくわからないような状態です。笑
 
なので、本記事では、「影響されやすい人が意識したいこと」というのをテーマにして、悩みを解決していきます。
 
僕自身、最近始めたことでもあるので、少しは参考になるかと思います。
最後までじっくりと読んでいってください。
 

前提:影響されることは良いこと?悪いこと?

前提:影響されることは良いこと?悪いこと?

 

影響されるのは、良いこともある反面、悪いこともあります

なので、一概に良い悪いは決められるものではありませんよね。

 

が、僕個人としては、良いことであると思っています

なぜなら、爆速に自分を成長させられる可能性を秘めているからです。

 

関連記事

 悩んでいる人仕事でも勉強でも、人と比べていつも落ち込む...周りの皆はすごい成績ばっかりだし、仕事もできる人たちばかり。他人と比較する癖をやめたいなぁ。  こういった疑問を解決していきます。  本記事は、以前僕がツ[…]

 

 

じゃあ、爆速で自分を成長させるためにどうしたらいいの?
 
 
上記について詳しくは、本記事の後半でまとめていきます…笑
じっくりと読んでいってください。
 
 
ちなみに、日本は「他人に流されやすい」という文化もあるので、ある種の性格のようなもの。
 
じゃあ、影響されやすい人の性格ってどんなものなのか?を、以下の見出しから紹介していきます。
 

影響されやすい人の特徴

影響されやすい人の特徴

 

具体的に、影響されやすい人の特徴は以下。

  • 考えるのが好き
  • 自信がない
  • 自分を犠牲にしがち

 

当てはまるって方も多いのではないでしょうか。

順番に解説していきます。

 

影響されやすい人の特徴①:考えるのが好き

 

影響されやすい人は考えるのが好きです

 

これは代表例ともいえる特徴で、言い方を変えると優柔不断でもあります

 

何事にも時間をかけて考え、判断は慎重に行いたいタイプです。

なので、考えているときに他人からの助言が入ると、「やっぱりこっちにしようかな?」なんて考え始めて、なかなか決められません。

 

他人から影響されないようにしたいのであれば、とにかく自分の意志を持って行動するのがベスト

例えば、今考えても変わらないようなことは考えるのをやめて行動に移すとか、自分なりに判断への根拠を持つとかがおすすめ。

 

繰り返しですが、影響されやすい人は、考えるのが好きです。

 

影響されやすい人の特徴②:自信がない

 

自信がないというのも特徴です

 

よく考えて判断したものの、「これはちょっと違うんじゃない?」みたいに否定されてしまうと、自信を無くしてしまいます。

 

先ほど紹介した「考えるのが好き」っていうのは、逆をいえば「悩みすぎてしまう」っていうこと。

自分としては一生懸命に考えて決めたことでも、否定されてしまうと、次の機会が来ても「考えても無駄かな」なんて思います。

 

となれば、他人の意見に賛同するため、影響されやすい(流されやすい)人となるわけです。

  

なので、自信がないことも特徴ですよ。 

 

影響されやすい人の特徴③:自分を犠牲にしがち

 

最後の特徴、自分を犠牲にしがち

 

誰かの役に立ちたいっていうのを1番に考えるタイプです。

 

つまり、自分の意見や要望を押し殺してまで他人を立てるため、他人に影響されやすいともいえます。

 

この特徴がある場合は、誰かに頼まれたことを断れなかったりして、ときには不利になることもあるので注意が必要です。

 

影響されやすい人が意識したいこと

影響されやすい人が意識したいこと

 

影響されやすい人が意識したいことは、具体的に以下のふたつ。

  1. 負の感情で情報を探さない
  2. 影響を与える側になる

 

順番に解説していきます。

 

影響されやすい人が意識したいこと①:負の感情で情報を探さない

 

まず負の感情で情報を探さないように意識しましょう

 

例えば、以下のような感じで探すのはよくないこと。

  • こうならないためにどうしたらいいんだろう
  • 今の自分から変えたい or 逃げたい

 

なので、こうしましょう。

  • こんな風になりたい
  • こんな自分になるのが夢

 

簡単な話で、負の感情で情報を探してしまうと悪いところばかり目が行くんですよね。

なので、自然と悪い部分が頭に残りがち。

 

負の感情から一変して、なりたい自分から逆算して探すと良い部分だけを取り入れようとします

 

繰り返しですが、負の感情で情報を探さないように意識しましょう。

 

影響されやすい人が意識したいこと②:影響を与える側になる

 

良い情報をインプットしたあと、今度は自分が影響を与える側になりましょう

 

 

影響を与える側になるなんてできるかな~?
 
 
影響を与える側になるというと、「何か特別なことをしないといけないのかな?」とか思いますが、何も必要ありません。
 
そのままの自分でいればOK
 
良い情報しかインプットしていないのであれば、そんなあなたに興味を持つ人は必ず出てきます。
つまり、何もしなくてもそのままの自分でいれば、勝手に影響を与える側になれるわけです。
 
良い情報を自分の一部として吸収しやすいあなただがらこそ、できることです
自然と周囲の環境も良くなるので、自分にとっても良いことだらけ。
 
まずはなりたい自分から情報を探して、良い情報をインプットし、その後はいつも通りに過ごせばOK。
 
なので、影響を与える側になれるように意識しましょう。
 

影響されやすい人も意識次第で爆速で成長できる

 

以上、影響されやすい人が意識したいことでした。

 

最後にまとめをしておきます。

  • 影響されるのは良いこと
    ➤悪い情報に影響されるのはよくない
  • 影響されやすい人の特徴
    ①考えるのが好き
    ②自信がない
    ③自分を犠牲にしがち
  • 影響されやすい人が意識したいこと
    ①負の感情で情報を探さない
    ➤良い情報をインプット
    ②影響を与える側になる

 

影響されやすい人でも、意識次第では爆速で成長できます。

影響されやすいというのは、自分の個性でもあるので、それを活かすことでオリジナリティが生まれますよ。

 

本記事を参考にしながら、影響されやすいあなただからことできることを増やしていきましょう( `ー´)ノ

 

最新情報をチェックしよう!