就職活動での企業選びのポイント【体験談から解説します】

こんにちは。Dr.Kotaです。

企業選びって、とても難しいですよね。

  • 「良い噂、悪い噂の両方あって、どうしたらいいのかわからない。」
  • 「今の選び方で間違いないのかな?」

なんて方に、今回は就職活動で、選考を受ける前に良い会社そうなのかそうじゃないのか、自分にあっているのかなどを事前に見分ける方法を解説していきます。

僕の体験談から見分け方や僕の知人の考え方などについても紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

就職活動での企業選びのポイント【体験談から解説します】

企業選びをしている皆さんは、もうすでに会社を選ぶ軸がまとまっているかと思います。

 

まだまとまっていない方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

まずは就活の準備から行い、その次に自己分析をして会社選びの軸を決めましょう。

あわせて読みたい
関連記事

どうも!Dr.Kotaです!今回ご紹介するのは就活を進めるにあたり、最も重要な就活準備についてです。この記事はこんな読者を想定しています。いつから就活準備を始めればいいか分からないどんなことを準備し[…]

関連記事

就職活動における最終的なゴールは「内定獲得」ですよね。ゴールまでの長い道のりをサポートするのがこのサイトになります!!前回の記事では、就職活動を始めるにあたり考え方を書いていきました。まだ読んでいない方はこちらから[…]

企業説明会で見分けろ!?

書類選考や面接の前に、企業説明会がありますよね。実は、この時に見分けられるポイントがいくつもあるんですね。

なので、この時点で見分ける方法を今回、解説していきます。

見分け方や場面は至って簡単です。

人事同士の関係性を見分けよう

人事の方が説明会を行う会社がほとんどかと思うのですが、そこでまずは複数人で説明会を運営している場面を想像してください。

「しっかり人事同士、アイコンタクトで説明会が進んでいく」

「台本を丸々暗記の説明ではない」

「身振り手振りも多く、説明がわかりやすい」

こういう会社、とても良くないですか?

まずは人事同士の「意思疎通」ですよね。これがしっかりできているかできていないかで会社での関係性だったり、仕事の環境がわかってしまいます。

人事同士がしっかりと何らかのコミュニケーションをしっかりととっているのか確認してみましょう。

僕も説明会の時に確認してみて、とれていないところもありました。反対にとれている会社は良い印象ですよね。

「仕事も楽しそう」

「職場の環境が良さそう」

こういう印象になりますよね。

でも、上場企業になればなるほど人事の方も相当なプレゼンテーションの練習もしているはずです。

なので、反対にプレゼンテーションが上手すぎる会社は少し疑う事もありだと思います。会社の中身までを説明会で見ることが難しいので、実際に選考で見極めた方が良いです。

先輩社員講話でわかる企業の良さ

イキイキしながら楽しそうに話している先輩と

台本暗記や人前で話すことへの恥ずかしさが丸見えな講話をする先輩

どっちについていきたいと思いますか?

実際に僕は、とある競合他社の説明会でこの対照的な先輩の姿勢に気付きました。

「あれ?こっちの会社より向こうの会社のほうがこれから良くなっていきそうじゃない?」

ってなりますよね。

自分がついていきたいと思う先輩かどうかというのも、企業を選ぶポイントにしてもらえると良いと思います。「内定」というゴールよりも更に先の「入社」してからも生きる材料になります。僕も実際に入社した時のモチベーションにも繋がりました。

あとは、先輩社員が話す前に、人事の方から先輩社員に振ると思うのですがそこでの意思疎通ができているかや名前がわかっているかというのもポイントになります。

先輩社員の名前をわかってない人事の方、いらっしゃいましたので。(笑)

その人事や先輩と飲みに行けるかどうかで判断!?

これは僕が知人に教えてもらって、実際にやってみました。

この企業の見方は、とても面白いですよね。

僕もやってみてわかったのですが、飲みに行けそうって人って結局自分と合いそうな人でした。ということは会社での環境や人柄も踏まえた上での企業選びなので、この選別方法もありですよね。

間違っても、顔だけで判断するのはいけませんよ!!しっかりと話も聞いたうえで判断しましょう!

終わりに

企業選びのポイントは、どうだったでしょうか。

前回では、内定獲得後の承諾に関しての記事を書きました。その記事も参考にしてみてください。

その企業、本当に自分に合ってる?

僕がやっていた見分けるポイントを参考に説明会に行ってみてください。

やはり、企業といっても経営しているのは「人」なので、就活情報サイトで数字を見ても良し悪しは多少わかりますが、会ってみないとわかりませんよね。

そして、僕が見ていたポイントって自分の面接を客観的に見る時にもポイントになるかと思います。

「どうしたら相手は自分と仕事がしたいと思うだろうか」

「どうすれば好印象だろうか」

説明会の段階から話し方についてもその場で見て学んでもらえれば面接でも活かせます。

是非、参考にして就職活動に役立ててください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!