就活エージェントは使えないって本当に言ってる?【上手な使い方を共有】

就活エージェントは使えないと言う就活生
就活エージェントとかまじで使えない。せっかくエージェント付けたのに良い求人教えてくれないし、自分に合ってない会社ばかり…
良い就活エージェントいないかな…?

 

こんな疑問にお答えします。

  

・就活エージェントを上手く使う方法がわかる
・おすすめの就活エージェントの会社がわかる

 

僕はリクナビやマイナビを活用して就職活動をしたり、就活エージェントを活用して就職活動をしたりと2パターン経験してきました。

そのおかげで、就職活動における内定獲得のコツや就活準備まで幅広く理解を深めることができました。

 

今となって思うことは、「就職活動は1人でやるより2人でやるほうがマジで有利」ということです。

 

そこで今回は「就活エージェントを上手く使う方法」を詳しく解説していきます。

 

僕自身、就活エージェントを利用し大手企業から内定も獲得してきました。

「就活絶対成功させてやるぜ」って人は是非記事をご覧ください。

 

就活エージェントが使えないって本当に言ってますか?

 

就活エージェントが使えないって本当に言ってますか?
こたろう
正直、就活エージェントは使えます。
というか、使い方を分かっていないだけなので、この記事で理解していきましょう。

 

まず、就活エージェントが使える理由は次のとおり。

①就活のプロ(プロじゃなくても教育を受けてる)
②1対1での面談により、就活生を他者目線で見る
③大手企業だけではなく、隠れ優良企業の紹介もできる
④履歴書やエントリーシートの添削ができる
⑤模擬面接もできる

 

①~⑤が就活生にどんな利点があるのかを、まずは解説していきます。

 

「就活エージェントさん、内定が取れるようにしてください!」という気持ちは捨てましょう。

ネタバレすると、自分が主体になって動けば適格なアドバイスがもらえ、自分の理想の会社から内定がもらえると言っても過言ではありません。

 

それでは解説していきます。

就活エージェントを使うべき理由①:就活のプロから万全のサポートを受けられる

就活エージェントを使うべき理由①:就活のプロから万全のサポートを受けられる

まず、自分の味方になってくれる就活エージェントさんはプロの方です。

間違いなく学校にあるキャリアセンターよりも就活のことについては詳しく知っているでしょう。

 

そのプロの方と一緒に就職活動をやっていくので、不安な点は何度も相談したりするとより良いです。

プロの方がバックにいるとなれば、当たり前ですが自信がつきます。

間違いなく就職活動がやりやすくなりますよね。

 

就活エージェントを使うべき理由②:1対1での面談により、自分を他者目線でも見ることができる

就活エージェントを使うべき理由②:1対1での面談により、自分を他者目線でも見ることができる

就職活動を1人でやるとなると、他人に自分のことをどんな人間なのか聞く機会を自ら作らないといけません。

自分の良い部分(長所)は積極的に聞けますが、悪い部分(短所)は聞きづらいですよね。

そうして億劫になってしまって、他社評価を得られないという経験、僕もありました。

 

ですが就活エージェントと行う1対1の面談の場では、自分を他者目線でも見てくれ、教えてくれるので自己理解を深めることができます。

これにより自己分析は、はかどりますよね。

他者目線の自分と自分目線の自分、絶対違いますので知っておきましょう。

就活エージェントを使うべき理由③:大手企業だけではなく、隠れ優良企業の紹介もある

就活エージェントを使うべき理由③:大手企業だけではなく、隠れ優良企業の紹介もある

実は就活エージェントの方は、リクナビ・マイナビには掲載されていない隠れ優良企業を沢山知っています。

 

大手企業が必ずしも自分に合うとは限りません。

自己分析を通して分かった自分の考え方や個性、どんな仕事がやりたいのか

それも踏まえた上で、就活エージェントが紹介してくれます。

幅広く企業をみていきましょう。

就活エージェントを使うべき理由④:履歴書やエントリーシートの添削がしてもらえる

就活エージェントを使うべき理由④:履歴書やエントリーシートの添削がしてもらえる

これは1人ではできないことなので、特に良いポイントです。

どうしても1人で就職活動をやろうとすると、

「この履歴書の書き方で合っているんだろうか」「もっとこうしたほうがいいんじゃないだろうか」

というような不安が出てきます。

 

就職活動で一番初めの関門は書類選考です。

完璧に仕上げて書類選考に挑みましょう。

就活エージェントを使うべき理由⑤:模擬面接もしてもらえる

就活エージェントを使うべき理由⑤:模擬面接もしてもらえる

これもまた1人で就職活動を行うとできない部分ですよね。

 

面接に慣れているかいないかでは、大きく差が出ます。

自分の何がいけないのか、どこが良いのかといったところも面接官目線で理解することができます。

書類選考にせっかく受かったのに面接で落とされたということでは、悲しいですよね。

模擬面接であらかじめ訓練しておき、万全の態勢で面接に臨みましょう。

就活エージェントを上手く使う方法は自分で考え行動すること

就活エージェントを上手く使う方法は自分で考え行動すること

 

就活エージェントを上手く利用するコツは、次のとおりです。

就活エージェントに頼りきりにならないこと

 

たったこれだけです。 

具体的に何をするべきか解説していきます。

 

就活エージェントに頼りきりにならないためには

就活エージェントに頼りきりにならないためには

まずは、就職活動における一連の流れを頭に入れておきましょう。

こちらです。

①就活準備(自己分析や就職支援サイト登録など)
②企業説明会

③書類選考
④学力試験
⑤グループディスカッションや複数回の面接

こういった流れです。

 

この流れの中で選考が始まってから共通して言えることがあるんですね。

それは、「自己分析は最後(⑤)まで残る」ということです。

ということは具体的にやるべきことは、

自己分析

です。

 

まず自分で自己分析をして、自分がどういう人間かを知りましょう。

就活エージェントとの1対1の面談の場で、自分で分かった自己分析結果を踏まえた上で、話し理解してもらいます。

これができれば、就活エージェントからアドバイスをもらえて次に活かせます。更に上の自己分析ができるというわけです。

 

自己分析ができていないと就活エージェントも困ります。面談の場で理解してもらうためには自己分析をしておかなければいけません。

当然、できていなければ就活エージェントの理解も甘く、自分の希望する業界や企業を紹介してもらえず失敗しますよね。

 

なので、まずは自己分析をして、自己理解を深めましょう。これが就職活動を効率よく行う1番のポイントです。

自己分析の詳しいやり方は以下の記事にまとめています。

是非こちらも参考にしてみてください。

関連記事

自己分析のやり方が知りたい人自己分析を始めたいのにやり方がイマイチわからない。自己分析を応用してできることがあれば、ついでに知りたい。 こういった疑問を解決していきます。 ・自己分析のやり方を紹介【2つあ[…]

 

おすすめの就活エージェントサイト:キャリアチケット

おすすめの就活エージェントサイト:キャリアチケット
こたろう
おすすめの就活エージェントサイトは、「キャリアチケット」です。

 

キャリアチケットの評判

 

キャリアチケットの口コミ

 

このツイートだけ見ても、登録しない理由はないですよね。

独自の優良企業を2000社近く知っている会社なので、大手就活サイトに載っていない優良求人も教えてくれます。

≻≻ キャリアチケットに無料で登録して就活エージェントをつける

こたろう
ラインでも対応可能なのが、嬉しいポイントです。
手軽にエージェントに相談できるってことは、それだけ選考の不安が消えます。
 
本記事で、就活エージェントを上手に使う方法を知ったあとは登録して実際に行動するだけですよ。
キャリアチケットに興味が出てきた方のために、もう一度リンクを貼っておきますね。
 
キャリアチケットの就活エージェントと二人三脚で、内定まで一気に駆け上がりましょう!
 
最新情報をチェックしよう!