就活の筆記試験で0点取っても大丈夫!【合格点以下でも受かる方法】

筆記試験が不安な人①
就活って筆記試験があるよね・・・
0点を取らないか心配だし、もし取ったらどうなるの?
筆記試験が不安な人②
筆記試験で0点を取ったかもしれない。
どうしよう・・・

 

こういった不安や悩みを解決していきます。

 

・筆記試験が0点でも大丈夫な理由を解説
・筆記試験で0点を取らず、確実に合格する方法が分かる

 

就職活動の第一関門、「書類選考」。

これを通ったと思えば筆記試験で落とされた。

これほど悲しいことはないですよね。

 

僕も実際に就職活動中にこの経験をしてきましたし、筆記試験で0点も取ってきました。

ですが実際に0点を取った会社から内定をもらうこともできましたし、ある勉強法を試し、1つのコツを実践して筆記試験に合格もできました。

 

今回は体験談も踏まえて、筆記試験が0点でも大丈夫な理由の解説と勉強法について紹介していきます。

 

また就職活動では、就活エージェントを活用したほうが、確実に有利に選考が進みます。

 

こたろう
「就活エージェントは使えない」なんて言っている就活生もいますが、それは使い方が悪いだけですよ。笑

あわせて以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事

就活エージェントは使えないと言う就活生就活エージェントとかまじで使えない。せっかくエージェント付けたのに良い求人教えてくれないし、自分に合ってない会社ばかり...良い就活エージェントいないかな...? こ[…]

就活の筆記試験で0点を取っても大丈夫

 

就活の筆記試験で0点を取っても大丈夫

まずこれを読んでいる皆さんに理解していただきたいことがあります。

それは、

就職活動試験における学力テストは点数が足りなければ基本的に落とされます。

 

これを理解してから読んでいってください。

 

僕の場合、絶対に「」もありました。

勉強をしてみて、どうしても分からない、苦手、不安だ。

そんな方に読んでいただきたい内容です。

決して点数を取らなくても通過できるといった甘い選考ではありません。

 

それでは解説していきます。

筆記試験が0点でも大丈夫な理由

以下の場合は基本的に大丈夫です。

・人物重視の企業

 

僕の場合は、面接でその人の理解をしていくといった「人物重視」の企業でした。

僕はその「人物重視」をしている企業の学力試験で0点を取りましたが、内定までたどり着けました。

 

人物重視の企業は比較的、点数が悪かったとしても面接でしっかりと見極めたいと考えているはずなので次の選考に通してくれます。

 

しかし、筆記試験で0点を取っても通してくれる企業は「超」が付くほどの人物重視です。

僕の場合「超」がつくほどの人物重視をする企業ではありません。

 

不安な人
え~、でも0点取っちゃったかもしれないし・・・
どうすればいいの?

 

筆記試験で0点を取ってしまったかもしれない。

こういった場合には、「」というものに任せましょう。

もしそれで落ちてしまったのなら、再度勉強し直して挑戦すればいいだけですから。

 

自分と相性が合わない企業を入社前に知れて良かったな

くらいに思って切り替えましょう。

 

不安な人
じゃあ、筆記試験で0点を取っても大丈夫だったKotaの場合はどうだったの?

 

その疑問にお答えしていきます。

まさかの説明会と座談会の印象◎

僕はまさかまさかの、学力試験の前にあった説明会と座談会で印象が良かったんですね。

それのおかげがあって通したということを後々、こっそり教えてくれました。

 

これは本当にあり得る話で、何の変哲もない企業説明会や先輩社員座談会でも人事の方や先輩方は見ています。

説明会時の態度や姿勢、表情など細かく見られています。

関連記事

どうも、こたろうです!今回皆さんにご紹介するのは、印象が良い人の特徴や簡単にできる印象UPの方法です。「人は第一印象が大切だよ」この言葉、よく皆さんも言われてきたかと思います。まさしくその通[…]

 

考えてみてください。

説明会も立派な「選考」なんです。

そこで印象が良ければ当然、次につながります。

その時できることを精一杯やっていた結果、筆記試験が0点でも通してくれた。

ということなんですね。

 

筆記試験合格のコツは、

前の段階(選考)から精一杯できることをやる

ということです。

 

説明会や座談会でのコツを以下の記事にまとめています。

あわせて参考にしてみてください。

関連記事

座談会が分からない人就活中に行われる企業との「座談会」これってどんなことをするの? 座談会が選考に関係あるのか知りたい人そもそも座談会って選考と関係あるのかな?任意なら行かなくてもいいかな・・・ […]

 

それでは次に勉強法についても紹介していきます。

筆記試験で0点を取らず、確実に合格する方法

方法は至ってカンタンです。

勉強をする。

ただそれだけです。

 

ただ、勉強方法は2つあると思っていて、以下の2つを一緒にやるのがおすすめ

 

  1. 事前に筆記試験のテスト範囲を把握する
  2. 筆記試験の対策本を購入して何周もする
悩んでいる人
事前に筆記試験のテスト範囲を把握する方法なんてあるの??
 
こんな質問が来そうなので答えておくと、結論テスト範囲を把握する方法はあります
 
僕も利用していましたが、就活生を集めて就活情報サイトを作っている「就活ノート」を利用することです
 
就活生が自分の体験をもとに、メモとしてまとめてあるサイトがあるので、筆記試験はもちろん面接内容も把握することができますよ。
選考内容が分かっているだけでも、精神的に楽になるので登録だけしておくのもありですね。
 
ちなみに無料で登録できます。登録しないと見れない就活のリアルな内容になっているので、興味がある人は登録してみてください。
 
\\今なら無料で最新の選考情報がGETできるチャンス!//

 

2つ目の方法は、簡単ですよね。

 

1冊参考書を購入して何周もすること

たったこれだけです。1冊で良いんです。

その1冊の答えも覚えるくらいまでやり続けることがコツです。

 

解き方を覚えてください。そして何度も間違えた問題を解き直してください。

それだけで十分、筆記試験はできるようになります。

 

できれば模擬試験も受けて万全の態勢で臨むことができれば更に良いです。

 

例えば、ネット上でもSPIや玉手箱といった適性検査の模擬試験がありますよ。

あとはお金を払って、さまざまな模擬試験を何度もできるサービスに登録する方法もあります。

 

SMARTから販売されている模擬試験サービスの料金は、2500円と安くないですが、何度も繰り返し模擬試験が受講できるので、やっておくのがおすすめ。

もう一冊参考書を購入する値段だと思えば安いものですよ。

適性検査も万全の状態で臨みたい人は、以下のリンクからどうぞ。⇩

≻≻「玉手箱」「SPI WEBテスティング」「Web-CAB」「TG-WEB」も同梱されているので、インターンシップ対策もバッチリ!

 

模擬試験をやるのに越したことはありませんが、参考書をすべて覚えるくらいまでの実力は身に付いたら、どんな問題が来ても基本的に答えられます。

僕は実際にそうでした。だって、数字や言葉が違うだけで解き方は同じですから。

 

最後に僕のオススメする参考書を紹介しておきます。

就活の筆記試験で0点を取らないための最善の方法

就活の筆記試験で0点を取らないための最善の方法

 

こたろう
就活の筆記試験で0点を取らないためには、もうひとつ方法があります。
 
それは、就活エージェントを活用することです。
 
就活エージェントとは、自分のために就活の情報を提供するだけではなく、選考対策も行っています。
例えばこんな恩恵を受けられます。
・履歴書の添削
・自分に合った企業の求人紹介
・面接対策
・選考のフィードバック
就活のプロが無料で自分についてくれて、他の人よりも楽に内定を獲得できる
こんなに素晴らしいことってないですよね。
 
だって、大学4年生って普通であればすごく時間に余裕もあって、やりたいことをとことん突き詰められる時期でもあります。
それを、就職活動に時間を取られて結局、自分がしたいことを全然できなかった…
とかってなるよりも、楽して優良企業から内定獲得できたほうがよっぽど得です。
 
まずは、面談だけでもしてみると、就活に対しての意識も変わっていきます。僕も面談経験ありますが、普段聞けないような情報も持っていて、選考に活かすこともできました
 
キャリアチケットの就活エージェントは、学生の強みや、就活軸を一緒に深ぼるカウンセリングをしてくれるので、自分に合った企業や業界を知ることができます。
また、 学生1人1人の思考に沿った企業をその場で紹介してくれ、多数の企業人事とのつながりを生かした、ESなしの特別推薦枠も多く、就活そのものが円滑に進みます
最短3日で内定獲得ができるキャリアチケットで、就活エージェントとざっくばらんに面談してみてはいかがでしょうか。
 
 
関連記事

就活エージェントは使えないと言う就活生就活エージェントとかまじで使えない。せっかくエージェント付けたのに良い求人教えてくれないし、自分に合ってない会社ばかり...良い就活エージェントいないかな...? こ[…]

就活の筆記試験で0点を取っても大丈夫【体験談から解説します】| おわりに

 

就活の筆記試験で0点を取っても大丈夫【体験談から解説します】| おわりに

筆記試験は勉強をすれば、必ず点数がとれますし合格できます。

諦めず最初から最後まで、やり抜くことが大切です。

 

選考は説明会からもうすでに始まっているんだということも理解できたと思います。

どの選考も気を抜く事なく、自分のできることをやっていってください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!