【残業したくない人必見!】残業したくないなら、自分を変えてストレスフリーに

  • 2020年2月10日
  • 2020年2月17日
  • 仕事術
  • 24view
残業したくない人
毎日毎日、残業で本当に疲れてるんだ。ネットで調べると毎日2時間の残業は当たり前だとか、残業したくないなんて甘いとか書かれていて困ってる…

 

こういった疑問を解決していきます。

 

会社員になれば必ずといってよいほど、悩まされる「残業」。

残業に違和感を覚えて、おかしいなと思っている人も多いのではないでしょうか。

その一方で、「正社員なら残業しろ」とか、「新人や若者は言い訳せずに残業しろ」とかまだまだ残業文化は抜けていない現状です。

 

残業が多いと転職を考え始めますが、工場は比較的に残業が少なめで定時で帰れるとして有名です。また、正社員にこだわらず、派遣やパートで働くのも考えてみてはいかがでしょうか。

 

そんな残業に対する皆の意見(SNS上や僕個人の意見)を集めて、まとめていきながら記事を書いていきますので、参考にしてみてください!

残業したくないなら退職して、フリーランスで活躍することも可能
 
フリーランスで活動していくことも今の時代では可能です。
例えば、エンジニアになって、フリーランスエンジニアとして活動するというのがおすすめ。
 
未経験でもエンジニアになれるように、教材や講師の満足度も高いプログラミングスクールCodeCampの口コミを集めた記事を書いていますので、参考にしてみてください。
未経験からエンジニアになって週3日で月収50万円とかざらにいますので、現状打破にはちょうどよいかと。
関連記事

CodeCampの評判が気になる人3社くらいプログラミングスクールを絞っていて、なかでもCodeCamp(コードキャンプ)について調べているところなんだよね。実際、コードキャンプの評判ってどうなんだろう?評判が良ければ、入会してみよう[…]

残業したくない!でもこれって甘えなのかな?

残業したくない!でもこれって甘えなのかな?
Kota
真面目な日本人だからこそ、「残業しないのは悪だ」みたいな考えになってしまったり、「そもそも業務量が多いんだから、定時に帰るなんて許せない」という意見も出てしまうんでしょうね…

 

でも、大丈夫です。ネット上から残業に対する様々な意見を集めてきました。

そして、結論

人それぞれ」

です。笑

人は星の数ほどいるので、意見は分かれますよね。

でも、ひとつ言えるのが残業するのを良と思っている人は、この記事を見てないということ。

僕も残業は悪だと思っているので、その改善策についても終盤で解説していきます。是非、最後まで読み進めていってくださいね。

残業に対するみんなの意見

 

SNS上の意見

残業できる方が楽やし無駄に金貰えるし甘えでしかない、昨今生産性という言葉が重視される理由がよく分かったよ。
ワイは甘えてるから残業するけどな()

https://twitter.com/kyouya_sos/status/1189525669572567041

 

残業をするほうが甘えだというこの方の意見に納得できます。

残業してしまう人って結構、定時の概念が崩れています。僕もそうでした。

残業代で生活費をまかなったり、残業時間も含めて仕事の段取りを考えたりと、生産性は低くなります。

それにプラスして、身体を壊したりというのがよくあるので、やはり残業は悪です。

 

SNS上の意見

/
残業したくない
定時で帰りたいは甘え
\
残業をしていることこそ甘えです

仕事の量が多くて残業しているのに
なぜ甘えなのか

それは残業を受け入れてしまっているから
忙しいから仕方ない
人手が足りないから仕方ない

仕方ないで片づけてない

甘えから抜け出せる記事を作成中です

https://twitter.com/teijidekaeriman/status/1206081802017722369

 

ごもっともな意見です。僕としては、残業をしないためにどう仕事をするのかって考えることは本当に大切で、そうすれば優先順位をつけながら仕事するので、効率がよいですよね。

 

SNS上の意見

俺も会社員やってた時は残業好きだったしな、先輩方なんて24時間戦えますか?なんて言われてた世代だ。

残業やりたくないとか言ってる奴は甘え、身を粉にして働け

https://twitter.com/momochi124/status/1225686656587460608

 

SNS上の意見

定時帰宅したいとか、残業したくないは甘えだ。自分も新人時代は嫌だったが、部下を持つようになればわかる。給料分仕事をしよう。

https://twitter.com/camouniform_jp/status/894087913297788928

僕は小学生の頃から大学4年生の卒業するまでずっと本格的に野球をやってきたので、この体育会系な意見も正直わかります。

こたろう
「Yes」か「はい」しか選択肢がない状況を幾度となく乗り越えてきました…

 

でも、どうなんでしょう。残業を良とする人たちが一旦、残業を悪とする会社(残業が少ない会社)に入っても、まだそういうことは言えるのか疑問です。

残業したくないけど残業しないといけない理由3選

残業したくないけど残業しないといけない理由3選

 

こたろう
残業したくないのに残業せざるを得ない状況っていくつかありますよね。残業理由について、よくある理由3選をまとめていきます。

 

次の3つがよくある残業理由(パターン)です。

  1. 職場環境(同調圧力含む)
  2. 個人の能力不足
  3. 単純に残業好き

 

どうでしょうか。自分に当てはまっているものってこの3つのなかにあるのではないでしょうか。

 

それでは、順番に説明していきます。

職場環境(同調圧力含む)

職場環境(同調圧力含む)

 

こたろう
日本人ならでは、かつ比較的多い残業理由です。

 

たとえば、「上司が残っているからとりあえず残業しておこう」「みんな残っているから帰りづらい」「終業間際に仕事を振られた!

 

こんなことって会社員として生きていれば、誰しも経験があるものではないでしょうか。

真面目な人ほど、同調圧力を受けやすく、仕事も真面目にやるので終業間際で振られてしまうこともありますよね。

こたろう
僕は周りに合わせながら、顔色伺いながら生きてきたタイプの人間なので、この気持ちよくわかります…

個人の能力不足

個人の能力不足

 

これは新入社員に多い残業理由なのではないでしょうか。

僕も経験ありますが、入社したばかりのときほどモチベーションが高く、また早く仕事を覚えたい意欲も高いので、必然的に残ってしまいます。

後々、それが自分を苦しめてしまいかねませんので、上司から新入社員は早く帰るように促す工夫は必要です。

 

また、新入社員ではなくとも、ただ単に仕事の効率が悪かったりすると結果的に残業してしまうことにも繋がってしまいます。

業務効率化ツール( 「Trello」「Backlog」などのタスク管理ツール )を活用したりする工夫をとり入れることで改善してくる部分もあるので、参考にしてみてください!

単純に残業が好き

単純に残業が好き

 

こたろう
仕事を生きがいとしている人や、残業代がないと生活が苦しくなってしまう人に多い残業理由です。

 

残業が好きというよりも、仕事が好きという人。

こういったタイプの人に多いのは、ただ残業や仕事が好きだからという理由もあります。

 

自分の好きなことを仕事にできているのは、よいことです。

こういった理由で残業する人は少なからずいますよね。

ただ、残業しすぎもよくなく、心身を壊す原因にもなります。帰れるときには早めに帰るような日を設けることも大切です。

残業したくないならしなければいい!

残業したくないならしなければいい!

 

残業で悩んでいる人
残業したくないからといって、いきなり定時で帰るのも気が引けるし。どうしよう…

 

こたろう
大丈夫です!いくつか方法がありますよ!
いきなり定時で帰らなくとも、残業だけど少し早めに退社することを心掛けたりすることで徐々に残業時間は減っていきます!

 

たとえば、以下の方法を僕は提案します!

  • 優先順位を決めて仕事をする
  • 作業時間を決めておく
  • テンプレやマニュアルの作成
  • 集中が途切れたら10分程度休む
  • 業務効率化のツールを活用
  • 資料はクラウド上で共有
  • BGMをかけながら仕事をする

 

この方法を実践できるものとできないものが、人それぞれでありますが、上位4つは誰でも実践できるものです。

 

・朝出社したときに、今日やる仕事内容を洗い出して優先順位をつけていく。
・優先順位をつけた仕事に作業時間を決めて行う。
・テンプレやマニュアルを作って、自分が困ったときに見返したり、作業時間を短縮したりする。
・仕事中に疲れを感じたら、小休憩を挟む。

 

これをするだけでも残業時間は徐々に減らせます。

仕事に優先順位をつけるのって、とても大切で、今自分が何をするべきなのかというのが明確になるので、優先順位の高い仕事一本に集中できます。

 

こたろう
ただ僕の場合、それが苦手な性格だったので結局残業が減らないという結果でした…
でも、優先順位がつけられれば仕事はしやすく、効率的に進められます!

残業しないことによるメリット5選

残業しないことによるメリット5選

 

こたろう
ここからは、残業しないことによるメリット5選を紹介していきます!

 

主なメリットは以下の5選です。

  1. 効率的な仕事ができる
  2. コストパフォーマンスがよくなる
  3. その会社を長く続けられる
  4. 健康的になる
  5. 生活が充実する

 

残業したくないのにしている人からすれば、夢と希望しかないようなものです。

 

残業をしないと思うと定時に仕事を終わらせようと考えるので、効率的に仕事をこなすようになります。

そうなれば、コストパフォーマンスは上がって、居心地もよくなるので嫌な仕事でなければ会社を長く続けられますよね。

 

また、ワークライフバランスが整うので、健康的になり結果として生活も充実する。

残業しないメリットは、多くあります。

残業するデメリット3選

残業するデメリット3選

 

残業するデメリットは、主に3つ。

  1. 休息と趣味の時間がとれない
  2. 仕事の効率化を図らなくなる
  3. 本業以外の稼ぎ方を見つけられない

 

休息と趣味の時間がとれないとなると、仕事だけの生活になってしまいます。

そうなると、ワークライフバランスは崩れ、心身に支障をきたす恐れもありますので、いくら残業代で給料をかさまししていても健康的とは言えません。

 

また、残業時間も含めて仕事の段取りを取るので、効率的に仕事をしなくなってしまい、結果的に残業時間は減らず不満も増える。

以上、2つのデメリットを踏まえると、本業以外の収入源を確保できなくなってしまいます。

 

終身雇用制度が崩壊しつつある今、他に収入源がないと会社がなくなってしまったときや老後の生活が苦しくなってしまいます。

 

こたろう
このデメリットを考えると、やはり残業したくないと思いますよね…

上司に告ぐ、部下への働きかけを忘れるな!!

上司に告ぐ、部下への働きかけを忘れるな!!

 

上司からの働きかけって簡単で、先ほども書きましたが、部下に早く帰らせるように促したりすることです。

 

ほかには、部下より早めに帰るという方法もあります。

僕も含めて、上司の顔色伺いながら仕事する人って意外と多くて、先に帰ってはいけないとか、残らなきゃという考えが強いんですよね。

 

なので、先輩・上司が率先して帰るような環境になってくればベストかなと個人的に思っています。

残業がしたくないのに、どうしても残業が続く場合の対処法

残業がしたくないのに、どうしても残業が続く場合の対処法

 

残業したくないのに続いてしまう場合の対処法は以下の3つが挙げられます。

  • 業務の見直し
  • 異動の相談・申請
  • 退職・転職

 

まずは、担当している業務の見直しから始めてみてください。

例えば、今担当している業務量が明らかに多すぎないかとか、もっと効率化できるんじゃないかとか、改善の余地はあるはずです。

それでもダメなら、異動の相談してみたり、申請をする方法が会社に残る手段として考えられます。

 

何やってもダメだし、そもそもこの会社辞めたいって場合はサクッと退職・転職でOK。

ちなみに残業が少ない会社は以下の業界だと言われています。

  • 医療機器メーカー
  • スポーツ/ヘルス関連施設
  • 薬局
  • クレジット/信販
  • 病院

 

このあたりの業界を狙って転職するのもアリですね。

関連記事

転職活動をしている人Wantedlyを利用して転職ってできるのかな?ついでにWantedlyで転職した人の体験談が聞きたい。 Wantedlyに興味がある人そもそもWantedlyって実際どうなの?[…]

残業したくないのにさせられる嫌な会社は、サクッと辞めて新たな道に

残業したくないのにさせられる嫌な会社は、サクッと辞めて新たな道に

 

こたろう
いっそのこと、ストレス源から離れることを考えてみてください!

 

業務量が多すぎて改善できず、残業したくないなら退職→転職の流れが一番です。

 

そもそも人手不足で退職させてくれない会社なら、退職代行使ってしまいましょう。

退職代行EXITなら、業界No1の代行サービス+退職成功率は100%なので安心です。

 

≻≻ 退職代行EXITで会社を辞める

 

退職できたら、次は転職です。

転職エージェントを利用するのであれば、二人三脚で活動することができるので一人で行う転職活動よりも楽になります。

 

・履歴書の添削
・自分に合った企業の求人紹介
・面接対策
・選考のフィードバック

こういったメリットが沢山あるので、初めて転職活動をする方にとっても安心できます。

エージェントに登録をするのであれば、一番のおすすめはRecruit Agent(リクルートエージェント)です。

リクルートエージェントは業界No1の転職成功実績且つ、90%が非公開求人高額求人外資系への転職もできます。

 

 

≻≻業界No1のRecruit Agent(リクルートエージェント)に新規無料登録する

関連記事

就活エージェントが有利なのか考えている人本当に就活エージェントって利用すると有利になるのかな?エージェントを使って就活に失敗したくないし・・・上手く活用するコツってある? こんな疑問にお答えします。&[…]

最新情報をチェックしよう!