内定獲得の鍵をご紹介!①【元就活生が徹底的に解説していきます】

  • 2019年8月6日
  • 2020年2月17日
  • 新卒
  • 93view

就職活動における最終的なゴールは「内定獲得」ですよね。

ゴールまでの長い道のりをサポートするのがこのサイトになります!!

前回の記事では、就職活動を始めるにあたり考え方を書いていきました。

まだ読んでいない方はこちらからどうぞ↓

就職活動とは?【就活の考え方を解説】

これからの記事では、自己分析~面接までの一通りのポイント解説をしていきますので、是非ポイントを押さえて、一気にゴールまでたどり着きましょう!!

※ここでのポイントは、あくまで僕個人の体験からの考え方です。

①では自己分析から説明会・座談会

②では書類選考や筆記試験、面接

という記事になっています。

内定獲得の鍵をご紹介!①【自己分析編】

これを読めば、あなたも自己分析や説明会に自信を持って臨むことができるようになります!

是非、最後まで読んでいってください!

まずは自己分析をしよう!

就職活動において一番大切なポイントが一番最初に行う自己分析です!ですが、これをきっちりとやるかやらないかでは後に大きく異なってきますので、自分が納得のいくまでしっかりと自己分析をしてください!

じゃあ、自己分析ってどうやるの??って方のために、ポイントを説明していきます。

就活ノートで自己分析をしよう!

まず初めに、なんでも良いのでノートとペンを準備しましょう!準備はこれで完了です!そのノートがあなたの就活ノートになります。

では、その就活ノートに、自分のことをできるだけ昔のことから今までのことで「こんなことがあって、これが”嬉しかった”」というのを何でも良いので書いていってみてください。”嬉しかった”の部分にはその時の感情を書いてください。

僕の場合は保育園時代のことから書いていきました。こんな感じの内容になってます。(抜粋)

  • 家族で旅行に出かけた。空港で働いている人がすごくかっこよかった。
  • 飛行機の中で、客室乗務員の方からおもちゃの飛行機をもらって嬉しかった。

こんな感じで箇条書きでどんどん思い出せる範囲で書いてみてください!

書き終えたら次のステップです!

感情をまとめよう!

書いた内容の感情をまとめてみましょう。そうするとおそらく、「あ、自分ってこんな時にこういう感情が生まれるんだ」というのが見えてくると思います。まとめてみて、そこからでてくるポジティブな面があなたの強みにつながります!反対にマイナスな面は短所としても考えられますよね。

感情がまとめられたら、自分は一体どんな仕事がしたくて何がやりたいんだろうというのを考えてまた書いてみてください!

まとめられた感情から、例えば「裏で働くことにやりがいを感じている」とかっていうのがあれば業界を考えればインフラや物流も自分に合いそうですよね。

こういった形で、自分は何がやりたいのか一度書いてみましょう!

関連記事

自己分析のやり方が知りたい人自己分析を始めたいのにやり方がイマイチわからない。自己分析を応用してできることがあれば、ついでに知りたい。 こういった疑問を解決していきます。 ・自己分析のやり方を紹介【2つあ[…]

内定獲得の鍵をご紹介!①【業界研究・企業研究編】

自己分析がしっかりとできたら、

次は業界研究と企業研究を行います。

 

それでは解説していきます。

業界研究・企業研究

何がやりたいかが見えてきたら、実際にどんな業界があるのか確認してみましょう。業界を全て見られれば良いに越したことはないですが、できる範囲で見てみてください。

見るポイントとしては、就活ノートで何がやりたいか考えられたと思うのでそれに似た仕事や関連する業界を見ていくと視野が広がっていきます!

その業界のトップ企業は必ず見ておいたほうがいいです。自分が行きたい企業がそこではなかったとしたらその企業と自分の行きたい企業との比較をするときに使えます。

「この企業にはこんな強みがあってこんな弱みがある。でも、反対にこの企業にはこの強みがあってこの弱みがある。」

というのを考えてノートに書いていけば、書類選考で活かせるポイントになります。

説明会や先輩社員座談会のポイントを解説!

どんな業界か絞られてきたらその業界の企業の説明会を予約して聴きに行きましょう!そこでは、説明会だけではなく、

  • 説明会+座談会
  • 説明会+筆記試験
  • 説明会+面接
  • 説明会+グループディスカッション

といったように説明会に何かもう一つついてくることもあります。今回のこの記事では一番上の説明会+座談会の解説をしていきます。

評価がプラスになる事は説明会や座談会ではありえない!?

僕の体験では、しっかりと参加していればマイナスになることはよっぽどのことがない限り、ありえません。が、プラスになることは必ずあります。(よっぽどのこととは、説明会中寝ていたりとか)

それについて解説していきます。

積極的発言評価◎は、ただの綺麗ごと説

「説明会後の就活生からの逆質問は積極的に行いましょう」

僕もこれを口酸っぱく言われてきましたが、発言したこと一度もないです。

先程も言いましたけど、マイナスになることはほとんどないので、僕の場合説明会後の質問タイムにはそれほど重きを置いていませんでした。

わからないことがあれば積極的に聞いた方がもちろん良いでしょうし、わからないことをそのままにするのも良くないです。でも、大体は説明会なので会社のことをしっかりと話してくれます。とにかく「話していること全て書き写そう」ではなくて、大事そうだなと思うポイントを書いていくのが良いと思います。

説明会や選考ごとに必ず参加御礼メールは送っておいたほうが良いです!メールなので相手のパソコンにも残りますし、意外とこれをやっていない人のほうが多い分、やっている人の印象がつくとの話もありました!

次は僕が重きを置いていた先輩社員座談会の解説です。

人対人~座談会での重要ポイント解説!

僕の体験談をまず話します。

説明会後の座談会の場で僕は会社や仕事についての質問はあまりせず、ほとんど先輩の人となりについての質問や就活についての質問を行いました。

「この趣味ってなんですか?」「どんな人と一緒に仕事したいですか?」「野球やってたんですか?」「面接でのポイントってなんですか?」

こんなことばかり聞いていました。聞くというよりかはもう会話間隔ですよね。詳しくは言えませんけど、これが実はプラスに働くんです。

これを僕、大手企業何社かでは同じ作戦を使って最終面接や内定までたどり着けたこともあります。

やはり、説明会や座談会、後に控える面接も同じですけど、人対人なんですよね。

なので、

  • 相手に何をしたら印象に残るのか
  • 自分が先輩の立場だったらどんなことをしてくれたら嬉しく思うのか

という点を踏まえた上で仕事以外のことも質問すると良いと思います!でも、なぜその質問をするのかということまで考えておいたほうがいいと思います!

 

あわせて読みたい
関連記事

座談会が分からない人就活中に行われる企業との「座談会」これってどんなことをするの? 座談会が選考に関係あるのか知りたい人そもそも座談会って選考と関係あるのかな?任意なら行かなくてもいいかな・・・ […]

内定獲得の鍵をご紹介!①【元就活生が徹底的に解説していきます】| まとめ

いかがでしょうか。僕個人の体験談ですので、練習で一度試してみるというのも面白いかと思います。

まとめると、

  • 一番初めに行う自己分析が就活では一番重要
  • 人対人

ということを理解していただければどの選考も上手くいくと思います。

就職活動はやはり、自分とどれだけ向き合えるのかが勝負の鍵です。なので、とことん向き合えば向き合うほど良い結果はついてきます。応援してます。

もし、こんな話聞いてほしい、こういう場合どうする?というのがあればお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

長々と書きましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!