【意外すぎた】お風呂ではアイデアが浮かびやすい3つの理由+対処法

 

悩んでいる人
お風呂に入っていると、よくアイデアが浮かぶなぁ。
なんでなんだろう。
アイデアを浮かびやすくする方法はあるの?
 
 
こういった疑問を解決していきます。
 
 
・お風呂でアイデアが浮かびやすい3つの理由
・アイデアが浮かぶのはこんな瞬間【結論:解説した理由3つが重なるとき】
・補足:アイデアが浮かばないときの対処法【落書きが効果的です】
 
 
本記事を書いている僕も、お風呂に入るとよくアイデアが浮かびます
記事ネタに困ったときは積極的に銭湯に行ったり、温泉に行ったりしてました。
 
 
そこで今日は、なぜお風呂ではアイデアが浮かびやすいのか調べてきましたので、本記事で共有していきます。
また、この現象を利用すれば、日常的にアイデアを浮かびやすくする時間は増やせるので、その方法も紹介していきます。
 
じっくりと読んでいってくださいね。
 

お風呂でアイデアが浮かびやすい3つの理由

お風呂でアイデアが浮かびやすい3つの理由

 

お風呂に入ってるときにアイデアが浮かびやすい理由は以下3つです。

  • リラックス状態だから
  • 刺激が少ないから
  • 無意識状態だから

 

順番に解説していきます。

 

お風呂でアイデアが浮かぶ理由①:リラックス状態だから

 

一番に考えられるのは、リラックス状態だからです

 

人間はリラックスしているときにアイデアが浮かびやすいのです。

 

例えば、以下のような場面でもアイデアが浮かんだ経験が多いことでしょう。

  • 散歩中
  • 布団に入っているとき

 

これらはすべてリラックスしているときですよね。

 

実際に科学的に証明されていることでもあります。

神経学者であるバリー・ゴードン氏の研究によると、「人間が意識して考えていることは脳内の思考の一部であり、大部分の思考は潜在意識の中で行われている」ということだったのです。

 

要するに、リラックスしているときは自分でも気づかない内にたくさんのアイデアを思い浮かべているわけです。

 

思い出すアイデアの大小で、忘れてしまうことも多いので、覚えてないこともありますよね。

なので、リラックス状態なのが関係していますよ

➤➤お風呂での暇つぶし6選【長時間浸かることで疲労回復が期待できる】

 

 

お風呂でのアイデアを忘れないようにするためには、以下のようなグッズもおすすめ。

参考にしてみてくださいね。

お風呂でアイデアが浮かぶ理由②:刺激が少ないから

 

ふたつめは、刺激が少ないことがあげられます

 

お風呂では、シャワー中は特にスマホなどを触らないものです。

そうなれば、情報収集はできないため、頭のなかは何かを考えるか、空っぽになるかのどちらか

 

刺激が少ないことで、さきほど書いたリラックスした状態にもなりやすく、アイデアが浮かぶのです。

 

よって、刺激が少ないこともあげられます。

 

お風呂でアイデアが浮かぶ理由③:無意識状態だから

 

リラックス状態とも似ていますが、無意識状態でもあるからです

 

そもそも、お風呂は毎日入ることからルーティン化されていますよね。

ルーティンであれば、無意識のまま行動していることがほとんどです。

なので、このルーティン化によっても脳内は空っぽになっているため、アイデアが浮かぶのです。

 

 

そうすると、他にもルーティンがありますよね。

  • 歯磨き
  • 食事

 

これらの時間でも、よいアイデアが浮かぶ可能性は高まります。

繰り返しですが、ルーティン化による無意識状態なのが関係していますよ

 

アイデアが浮かぶのはこんな瞬間【結論:解説した理由3つが重なるとき】

アイデアが浮かぶのはこんな瞬間【結論:解説した理由3つが重なるとき】

 

結論、さきほど解説した理由3つが重なるときです

  • リラックス状態
  • 刺激が少なめ
  • 無意識状態

 

じゃあ、ルーティンを増やしていくことでどうなるでしょう。

 

確実にアイデアが浮かびやすい時間は増えていきますよね。

 

例えば、以下。

  • 毎朝散歩をする
  • 瞑想をする
  • 毎日ブログを書く

 

このように意識的にルーティンを増やし、無意識状態を作っていくことでアイデアが浮かぶ時間は増えます。

 

なので、アイデアが必要となる企画職の方はルーティンを増やしてみるのもいいかもしれませんよ。

 

補足:アイデアが浮かばないときの対処法【落書きが効果的です】

補足:アイデアが浮かばないときの対処法【落書きが効果的です】

 

アイデアが浮かばないときの対処法は落書きです

 

これは科学的にも証明されました。(詳しくはこちらからどうぞ)

 

脳と手は密接に関係しているものです。

脳内に溜まっている思考を整理するために、たくさんの落書きをするのが一番

 

以下のような壁紙を家に貼ってみたりするのもおすすめ。

ふと思い出した時にアウトプットできます。

 

落書きする内容はなんだっていいのです。

  • 不安なこと
  • 楽しいこと
  • これからやりたいこと
  • 勉強したいこと
  • やるべきこと

 

ITが発達している現代において、紙とペンで書くことは大切なことです。

思考整理によって、アイデアは浮かびやすくなりますよ。

➤➤頭が回らないときの改善策はひたすら寝ること【脳疲労が原因です】

 

 

ほかにも、手を動かすことは認知症の予防としても役立ちますよね。僕のおばあちゃんやおじいちゃんが手の運動をしていました。

 

 

以上、お風呂でアイデアが浮かびやすい理由と浮かばないときの対処法でした。

積極的にルーティンを増やし、無意識状態を作っていきましょう。

アイデアが浮かべば視野は広がりますよ( `ー´)ノ

 

最新情報をチェックしよう!