寝起きにシャワーを浴びると元気になる理由【朝コーヒーより効果的】

 

悩んでいる人
夜は汗をかくから朝にシャワーを浴びようと思うんだ。
でも、体臭の原因とかも聞くよね。
寝起きにシャワーを浴びるのってどうなのかな?
 
 
こういった疑問を解決していきます。
 
 
・寝起きシャワーで元気になる理由
・朝にシャワーを浴びるなら試したい4つのこと
 
 
タイトル通りですが結論を先に書いておきますね。
 
朝にシャワーを浴びると元気になりますよ
 
 
元気になるだけじゃなく、健康にもなるのです。
むしろ朝にコーヒーを飲むよりも元気になります。
 
 
僕も最近ですが、冷水シャワーを朝に浴び始めて、気持ち元気になりましたね。(気持ちですが…)
 
そんな僕が本記事では、朝にシャワーを浴びると元気になる理由を紹介していきます。後半では、朝シャワーの注意点とあわせて試したいことも紹介しますね
 
ぜひ最後までじっくりと読んで、参考にしてみてください。
 
 
あ、ちなみに朝シャンはやっぱりハゲる原因になるそうですよ
詳しくはここで解説しませんので、こちらからどうぞ。
 

寝起きシャワーで元気になる理由

寝起きシャワーで元気になる理由

 

理由としては以下。

  • 交感神経を刺激してくれるから
    ➤活動スイッチが入る
  • 代謝が上がるから
    ➤ダイエット効果
  • 汗を流してくれるから
    ➤体臭予防の効果

 

順番に解説していきます。

 

寝起きシャワーの効果①:活動スイッチが入る

 

朝にシャワーを浴びることで、活動スイッチが入ります

 

これは副交感神経が交感神経に切り替わりやすくなるから。

さっきまで眠っていた体が、シャワーの刺激によって起こされるのです。

 

ここでポイントになるのが、シャワーの温度

 

できるだけ40度~42度で3分程度浴びるのがベスト。時間があれば5分ほど浴びるのもスッキリしますよ。

 

なので、寝起きにシャワーを浴びると活動スイッチが入るのです。

 

寝起きシャワーの効果②:ダイエット効果

 

意外にもダイエット効果があります

 

お湯を浴びて交感神経になるわけですから、血行がよくなり代謝がアップするからです。

 

ここでもポイントがあって、それはシャワーを浴びせる部位

 

ダイエット効果も期待したいなら、首を温めることが大切です

首に通っている頸動脈は皮膚に近い。よって、血流を促進しやすいため、全身の血流促進にもつながります。

 

また、褐色脂肪細胞と呼ばれる細胞を刺激するのもコツ

 


褐色脂肪細胞とは?
体のエネルギーを使って「熱」を作り出す細胞のこと。この細胞が活性化することで脂肪燃焼に役立つ。

 

肩甲骨付近に褐色脂肪細胞が集まっているので、42度程度のシャワーで刺激しましょう

 

繰り返しですが、ダイエット効果も期待できますよ。

関連記事

悩んでいる人いつもダイエットを始めるものの途中で挫折する。ダイエットに挫折してしまう原因は何かな?挫折しないためにはどうするのがいいんだろう... こういった悩みを解決していきます。 ・ダイエットで挫[…]

寝起きシャワーの効果③:体臭予防の効果

 

朝のシャワーには体臭を予防する効果もあります

 

眠っている間に人はコップ1杯ほどの汗をかきますよね。これを放っておくと体臭の原因になるのは言うまでもありません。

 

それを朝起きたときに流せるのですから、体臭予防にも効果があるわけです。

 

朝はシャワーで流すだけという人もいますが、しっかりボディーソープは使いたいところ

後ほど紹介しますが、体臭予防だけではなく肌トラブルを防ぐこともできますよ。

 

朝にシャワーを浴びるなら試したい4つのこと

朝にシャワーを浴びるなら試したい4つのこと

 

具体的には以下の4つ。

  1. 冷水シャワーでツボを刺激
  2. ボディーソープで乾燥を防ぐ
  3. 冬は脱衣所を温めておく
  4. しっかり乾かす

 

順番に解説していきますね。

 

朝にシャワーを浴びるなら試したいこと①:冷水シャワーも浴びる

 

朝にシャワーを浴びるなら試したいことは、冷水シャワーも浴びることです

 

冷水シャワーを30秒~90秒ほど浴びることで健康効果は更にアップしますよ。

具体的にどんな効果かというと以下。

  • 目が覚める
  • ダイエット効果がある
  • 欠勤率が減る
  • ポジティブになる
  • 炎症や腫れを抑える

 

ポジティブになったり、欠勤率が減ったりっていうのが珍しいところですよね。

これにはヒートショックプロテインが関係していて、冷たいシャワーを浴びたあとに温かいシャワーを浴びるから起きるのです。

 


ヒートショックプロテインとは?
細胞の損傷を防ぐタンパク質のこと。ストレスに強く、傷ついた細胞をストレスがかかる前の状態に治す働きを持つ。

 

以下の記事で、冷水シャワーについて詳しく解説しているので興味があれば参考にどうぞ。

関連記事

 悩んでいる人最近暑い日が続いているな...暑いからお湯でシャワーを浴びるよりも冷水で浴びたい。冷水シャワーによる健康効果はあるの?    こういった疑問を解決していきます。    ・冷水シャワーの健康効果5選【習[…]

 

参考までに!!
 
シャワーヘッドを高性能なものに変えるのもひとつの方法
 
 
ミラブルに変えるだけで得られる効果はデカイ。
  • きめ細かなシャワーで毛穴がきれいになる
  • ミスト効果で肌がもちもちに
  • シャワー後もポカポカ持続

 

加えて、特殊なシャワーヘッド(空気混合方式)なので同じ水圧でも、かなりの節水になるのです

洗浄力とかは、CMでも分かりますがマッキーペンの色が落ちるレベル。控えめに言っても神ですよね。

 

でも、シャワーヘッドなんて高額なのでお財布に余裕がある人だけ買えばOK。(節水になるからプラマイゼロ、むしろプラスくらいかと思いますが…)

 

ミラブルは偽物が多く出回ってるので、興味がある方は以下からどうぞ。

 

\\全国どこでも送料無料!30日間の返金保証付き//

 

朝にシャワーを浴びるなら試したいこと②:ボディソープで乾燥を防ぐ

 

ボディーソープもしっかり活用しましょう

 

お湯で流すだけだと水分量が低下してしまい、肌乾燥のリスクが大きくなるからです

 

これには水圧とかも関係しています。

また、肌本来のうるおい成分が、お湯だけのシャワーでも溶け出してしまうそう。

朝はシャワーで流すだけの人は、今すぐ改善したいところですね。

 

これをきっかけに、保湿効果の高いボディソープに変えるのもアリ

保湿といえば、ニベアとかのボディーソープが思い浮かびますね…笑

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

朝にシャワーを浴びるなら試したいこと③:冬は脱衣所を温める

 

冬は特に脱衣所を温めておきましょう

 

温かいところから寒いところに出ると脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まるから。

ヒートショックと呼ばれるものが関係しています。

 


ヒートショックとは?
急激な温度変化で体がストレスを受けること。(血圧が乱れるなど)

 

ときには失神やめまいを引きこ起こすこともあり、ひどいときは心筋梗塞・脳梗塞の可能性も

 

なので、シャワーを浴びる前に脱衣所を温めておきましょうね。

また、最初は足先からお湯をかけるなど、心臓から遠い箇所から流すようにするのも効果的ですよ

 

朝にシャワーを浴びるなら試したいこと④:しっかり乾かす

 

意外と適当になりがちな、乾かす作業。

朝にシャワーを浴びるなら、しっかり乾かしましょう

 

湿っている状態がむしろ、汚れやすくなってしまう状態でもあるから。

 

濡れている体や髪は匂い分子を吸収しやすいのです

朝に電車、バスを使いますよね。タバコを吸う人であれば、喫煙所にも行きますよね。

 

そうなれば、さまざまな匂いが付着するのは言うまでもなく、シャワーを浴びる前よりも臭くなることも

 

乾かすことは時間がかかるものですが、10分早めに起きればいいこと。

電車のなかで「あの人、臭くない?」って言われるよりもマシです

 

なので、シャワーを浴びたあとはしっかり乾かしましょう。

 

速攻で髪を乾かせるドライヤーは以下の商品です。ぜひ参考に。

補足:朝風呂だと逆効果

補足:朝風呂だと逆効果

 

朝にシャワーじゃなくて、朝風呂はどうなの?って方も多いでしょう。調べました。

 

朝風呂だと、むしろ逆効果になってしまいます

 

思い出してほしいのですが、お風呂に入ったあとに眠くなった経験ありますよね。それです。

 

風呂から出てすぐは、目が覚めたと思うものの、徐々に眠たくなってしまうのです。

交感神経が刺激されていたはずが、入浴することで副交感神経に変わってしまうから

要は、これから予定があるのにリラックス効果が働いてしまうのです。

 

これだといけませんよね。

大事な会議中に眠たくなったり、授業中に眠ってしまったり…

 

なので、朝シャワーよりも朝風呂のほうがおすすめはできません

 

 

寝起きにシャワーを浴びるなら、目覚めもよくなります。

それ以外にもダイエット効果などの健康効果もあるので、ぜひ朝にシャワーを浴びてシャキッと1日頑張りましょうね( `ー´)ノ

 

最新情報をチェックしよう!