ダイエットが失敗する人に共通する3つの特徴【成功法も紹介します】

悩んでいる人
ダイエットにいつも失敗している気がするな。
ダイエットに失敗する人の特徴が知りたい。
ついでにダイエットを成功させる方法が知りたいな…
 
こういった疑問を解決していきます。
 
ダイエットをしてみるものの、いつも誘惑に負けて食べ過ぎてしまったり、運動が続かなかったりとダイエットは失敗しやすいものです。
とはいえ、ダイエットが成功している人との決定的な違いはどこにあるのでしょうか
 
本記事では、ダイエットに失敗する人の特徴を3つ紹介し、記事の後半ではダイエットを成功させる方法も紹介していきます。
 
・ダイエットに失敗する人の特徴が分かる
・ダイエットに成功する方法が分かる
 
こたろう
ダイエットに失敗する人の特徴を知ることで、自分自身の体重を確実に減らすことができるきっかけに繋がります。
 
じっくりと読んでいってくださいね。

  

あわせて読みたい
ダイエットに失敗しやすい人=ダイエットで挫折しやすい人でもあります。
いきなり運動をし始めてしまったり、食事制限をかけてしまったりと急に始めるから失敗しやすくなるのです。
 
以下の記事では、「ダイエットで陥りやすい罠」について紹介しています。
本記事とあわせて参考にしてみてくださいね。
関連記事

悩んでいる人いつもダイエットを始めるものの途中で挫折する。ダイエットに挫折してしまう原因は何かな?挫折しないためにはどうするのがいいんだろう... こういった悩みを解決していきます。 ・ダイエットで挫[…]

 

それでは、いってみましょう。

ダイエットが失敗する人に共通する3つの特徴【成功法も紹介します】

ダイエットが失敗する人に共通する3つの特徴【成功法も紹介します】

それでは、順番にダイエットが失敗する人に共通する3つの特徴を見ていきましょう。

 

こちらがその3つの特徴です。

①ダイエットに対して主体性がない
②常に新しい情報に踊らされる
③過去・現在・未来のことを分析したり考えたりするのが苦手

 

こういった特徴があります。

こたろう
具体的に上記3つを深掘りして解説していきますね!
 

ダイエットに失敗する人の特徴①:ダイエットに対して主体性がない

ダイエットに失敗する人の特徴①:ダイエットに対して主体性がない
こたろう
ダイエットが失敗する人に共通する特徴のひとつ目は、「ダイエットに対して主体性がない」です。
 
 
例えば、以下のようなところが当てはまる方は注意。
 
  • 「食べようとしてたら絶対止めてね!」などと友人や家族にお願いする
  • 病院の先生になんとかしてもらおうと考える

 

ダイエットに失敗しやすい人は、上記のような項目に当てはまります。

 

主体的じゃないのが悪いという訳ではなくて、これだと他人に頼りきってしまうんですね。

他人に頼り切りになってしまう弊害として、何があるかというとこちら。

  • 自分の失敗を相手の責任にする
  • 自分を助けてくれる人がいないと何もできない

 

こうなってしまうとダイエットが失敗してしまうのも無理はありませんよね

 

なぜ今の自分はダイエットをしたいのかを考えるのがよい方法です。

もっというと、誰のためにダイエットをするのかも考えた上で始めていきましょう。

 

あわせて読みたい
食べないようにしているんだけど、つい誘惑に負けて食べてしまうんだよね…
 
こういった方は、体調不良が原因かもしれませんよ。
 
どこも身体の不調はないよ??
 
いえ、実は知らず知らずのうちに体調不良になっているのです。
気付いていないだけなのです。
 
以下の記事では、誘惑に負けやすい人は体調不良が原因だったという根拠をまとめています。
つい誘惑に負けてしまう人は、あわせて参考にしてみてくださいね。
関連記事

Dr.Kotaどうも、Dr.Kotaです。今回は「誘惑に負けやすい人は体調不良が原因だった」というテーマで解説していきます。 この記事の読者想定誘惑に負けやすい方ダイエットや勉強を始めてもついつい誘惑に負[…]

ダイエットに失敗する人の特徴②:常に新しい情報に踊らされる

ダイエットに失敗する人の特徴②:常に新しい情報に踊らされる
こたろう
ダイエットに失敗しやすい人は、「新しい情報に踊らされやすい」という特徴があります。
 
例えば以下のような項目に当てはまるのではないでしょうか。
 
  • ○○抜きダイエットに飛びついた
  • △△だけダイエットに飛びついた

 

これらのダイエットってたくさんありますよね。

そして次から次へと新しい情報がメディアによって発信されていきますよね。

  

なぜ新しい情報が沢山出回っているのか一度考えてみてください

何が言いたいのかというと、こちら。

 

メディア各社がダイエットをしている人の目を引きやすいから騙されているだけですよ。

 

もっといえば、ダイエットをする人たちはメディアから「扱いやすい人たち」と思われているんですね。

それだけ情報発信すれば、新しいダイエット法に乗っかる人がいるってことなんです。

 

よくあるダイエット法ってこんなものじゃないですか?

○○するだけで短期間で痩せられました。

 

おそらく皆さんがやっても痩せるのは間違いありません。

なぜなら、水分が減っているだけなのですから。

そして、また元に戻ってしまいます。=リバウンドですね。

  

こたろう
医学的にダイエットで1キロ痩せるためには7000キロカロリーの消費が必要だと言われています。
 
これって簡単に表すとフルマラソン2回分走ることで消費されるカロリーなんですね。
どう頑張っても、短期間じゃ無理なんですよね。

 

なので新しい情報には乗っからず、まずは生活習慣を見直すことから始めてみましょう

ダイエットに失敗する人の特徴③:過去・現在・未来のことを分析したり考えたりするのが苦手

ダイエットに失敗する人の特徴③:過去・現在・未来のことを分析したり考えたりするのが苦手
こたろう
そもそも、なぜ体重が増えてしまったのかという根本的な原因は理解できているでしょうか。
 

その原因に対して今、何をどれだけやれば、将来どうなるのか

考えたり分析できていますか?

 

やみくもに痩せよう痩せようと思ってダイエットをしていても失敗するばかりです。

一度立ち止まって原因を分析し、やるべきことや未来のありたい姿を考えてみましょう。

 

ダイエットに失敗する人が痩せるためには、頑張りすぎないことが重要

ダイエットに失敗する人が痩せるためには、頑張りすぎないことが重要
こたろう
ダイエットに失敗する人の特徴ばかり上げるのは辞めて、今度はダイエットを成功させる方法を紹介しますね。
 
ダイエットを成功させるポイントは、こちらの1点だけ。
 
頑張りすぎないこと
 
頑張って運動しなくてもいいのです。
頑張って食べないようにしなくてもいいのです。
 
ダイエットに失敗しやすい人って自分のことを責めすぎなんですね。
 

ダイエットを頑張ろうとすると決まってこのような考え方になっていませんか?

 

  • 「毎日」夕方になったら走ろう
  • この時間帯は「一切」食べないようにしよう

 

この「毎日」「一切」では、極度のストレスが自分にかかっている状態にあるんですね。

こたろう
これでは、決めた運動や食事制限ができなかったときにショックが大きいですよね。
 
なので、絶対にダイエットは頑張りすぎないことがポイントです。

 

ですが、のんびりしたペースでダイエットをするのはやる気が消失してしまいます。

1ヶ月で2キロほど落とすくらいの気持ちで臨みましょう。

落とせなかったとしても更に頑張ろうと思わないことがコツです。

 

一瞬で痩せるのではなく、継続して痩せやすい生活を送り、太りにくい体を作っていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい
こたろう
ダイエットサプリを飲んだことある方も多いとは思いますが、絶対に効果のあるものだって知ってましたか?
 
意外に通販とかで販売されているダイエットサプリは危ないだの、痩せないだの言われていますが、実はサプリの飲み方が悪いだけなんです。
以下の記事では、ダイエットサプリを効果的に飲む方法を紹介しています。
サプリも飲み方が良ければ自分を助けてくれる道具です。
 
ぜひ参考にしてみてくださいね。
関連記事

ダイエットサプリは効くのか知りたい人ダイエットサプリって効くんだろうか・・・ダイエットに効くダイエットサプリがあれば、ついでに知りたいな。 こういった疑問を解決していきます。 ・ダイエットサプリを継続して[…]

最新情報をチェックしよう!