ダイエットに失敗する人の特徴は3つあります

Dr.Kota
どうも、Dr.Kotaです。今回はダイエットに失敗する人の特徴3つをご紹介していきます。

 

①ダイエットに何度も失敗してしまう人
②失敗する人の特徴が知りたい人
③ダイエットを成功させたいと思う人

 

この記事を読むことでダイエットに失敗しないためには、どのような点に注意すれば良いのか、成功のカギはどこにあるかを知ることができます。

また失敗する人の特徴を知ることで、自分自身の体重を確実に減らすことができるでしょう。

あわせて読みたい

≻≻【ダイエットのカギは意外にも脳にあった!科学的ダイエット理論】

 

それでは、いってみましょう。

ダイエットに失敗する人の特徴3つ

 

ダイエットに失敗する人の特徴3つ

それでは、順番にダイエットに失敗する人の特徴3つを見ていきましょう。

 

こちらがその特徴です。

①ダイエットに対して主体性がなく、他人になんとかしてもらおうとする
②常に新しい情報に踊らされている
③過去・現在・未来のことを分析したり考えたりするのが苦手

こういった特徴があります。

①ダイエットに対して主体性がなく、他人になんとかしてもらおうとする

友人に食べないように止めてもらうお願いをしたり、病院の先生になんとかしてもらおうとしたりという特徴ですよね。

 

他人に頼りきってしまうと、自分の失敗を相手の責任にしてしまったり、その人がいないと何もできないといったことにもなります。

それではダイエットが失敗してしまうのも無理はありません。

 

なぜ今の自分はダイエットをしたいのか、誰のためにダイエットをするのかも考えた上で始めていきましょう。

②常に新しい情報に踊らされている

失敗しやすい人は、この「新しい情報に踊らされやすい」という特徴があります。

○○抜きダイエット、○○だけダイエット

色々ありますよね。

そして次から次へと新しい情報がメディアによって発信されていきますよね。

 

なぜ新しい情報が沢山出回っているのか一度考えてみてください。

それはカンタンです。

メディア各社がダイエットをしている人の目を引きやすいから

なんですね。

もっといえば、ダイエットをする人たちはメディアから「扱いやすい人たち」と思われているんですね。

それだけ情報発信すれば、新しいダイエット法に乗っかる人がいるってことなんです。

 

よくあるダイエット法は

○○するだけで短期間で痩せられました。

これです。

 

おそらく皆さんがやっても痩せるでしょう。

ですが水分が減っているだけで、また元に戻ってしまいます。

 

医学的にダイエットで1キロ痩せるためには7000キロカロリーの消費が必要だと言われています。

これって簡単に表すとフルマラソン2回分走ることで消費されるカロリーなんですね。

どう頑張っても、短期間じゃ無理なんですよね。

 

なので新しい情報には乗っからず、まずは生活習慣を見直すことから始めてみましょう。

過去・現在・未来のことを分析したり考えたりするのが苦手

そもそも、なぜ体重が増えてしまったのかという根本的な原因は理解できているでしょうか。

その原因に対して今、何をどれだけやれば、将来どうなるのか

考えたり分析できていますか?

 

やみくもに痩せよう痩せようと思ってダイエットをしていても失敗するばかりです。

一度立ち止まって原因を分析し、やるべきことや未来のありたい姿を考えてみましょう。

ダイエットを成功させるポイント

以上のことがダイエットに失敗する人の特徴3つです。

いかがだったでしょうか。

 

1つでも当てはまったという方、いるんじゃないでしょうか。

でも、大丈夫です。最後に成功させるポイントをおさえておきましょう。

ダイエットを成功させるポイントとして、

頑張りすぎないこと

があげられます。

 

これは僕が書いた、「成果を出すための考え方」という記事でも紹介しました。

カンタンに言うと、自分を責めすぎないということなんですね。

ダイエットを頑張ろうとすると決まってこのような考え方になります。

  • 「毎日」夕方になったら走ろう
  • この時間帯は「一切」食べないようにしよう

この「毎日」や「一切」では、極度のストレスが自分にかかっている状態にあるんですね。

これでは、できなかった時にショックが大きいですよね。

なので絶対にダイエットは頑張りすぎないことがポイントです。

 

ですがのんびりしたペースでダイエットをするのはやる気が消失してしまいます。

1ヶ月で2キロほど落とすくらいの気持ちで臨みましょう。

落とせなかったとしても更に頑張ろうと思わないことがコツです。

 

一瞬で痩せるのではなく、継続して痩せやすい生活を送り、太りにくい体を作っていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい

≻≻【代替行動で変わる心理学的ダイエット法】

≻≻【成果を出すためのたった1つの考え方】

≻≻【成果を生み出す計画の立て方】

最新情報をチェックしよう!