【キスの日特集!】ディープキスより脳を4倍興奮させるお菓子とは?

 

興味がある人
5月23日の今日は「キスの日」だよね!
キスにまつわる面白いネタがあれば知りたいなぁ。
      
      
    
はい、今日(5月23日)は「キスの日」です。
なので、キスにまつわる面白ネタを用意しました
    
きっと、本記事を読んでいるあなたも知っている内容だと思いますよ。
なぜなら、身近にある ”あのお菓子” がキーワードだから。
    
    
誰しも食べたことのあるお菓子です
イケメンなら2月によく食べるお菓子でもありますよね。
    
そんなことは置いといて、本題に入りましょうか。
    
   

チョコレートを食べると脳がキスの4倍興奮する

チョコレートを食べると脳がキスの4倍興奮する

 

ディープキスより脳を4倍興奮させるお菓子とは、

 

チョコレート

 

なんです。

 

なぜなら、実際に「恋に落ちた」かのようなドキドキさせる効果があるからです。

 

そもそもチョコレートは、”媚薬” であるとされていた食べ物でした。

 

 

「恋愛化学物質」が含まれているという発見もあったんだよね?
   
   

そうなんです。

フェネチルアミンと呼ばれる恋愛科学物質が含まれているとされていました

 


フェネチルアミンとは?
恋愛状態の人間の脳で放出される神経伝達物質のこと

 

でも残念ながら、これは科学的に否定されてしまいました。

なぜなら、消化のときにフェネチルアミンは分解されてしまうからなんですよね。

 

 

残念…
 
   

しかし、2007年、イギリスで新たな研究結果が報告されました。

それが以下。

 

口の中でチョコレートを溶かして食べると脳がキスよりも興奮する

口の中でチョコレートを溶かして食べると脳がキスよりも興奮する

 

そう。

口の中でチョコレートを溶かして食べると脳がキスよりも興奮するというのです。

それも、キスの4倍もの興奮

 

これを研究したのは、イギリスのマインド・ラボの研究者であるルイスさん。

20代カップルを対象として「チョコレートを口の中で溶かす」場合と、情熱的に「キスをする」場合の、心拍数と脳の活動状態を調べました。

 

結果、チョコレートを食べているときの心拍数はキスの約2倍に増加することを発見。

 

そしてさらに、チョコレートが舌の上で溶け始めるときはもっと興奮しているのを発見しました。

キスをしているときより脳が4倍以上の興奮状態を持続していたのです。

 

 

これはすごい研究だ…
    
    

チョコレートによるドキドキを利用すれば、カップル成立の確率って高まりそうですよね。

 

「あれ?このドキドキって、もしかして恋?」

 

と錯覚させている間に、自分の想いを伝えれば…笑(そんなんでOK出すような人いない…)

 

あと、チョコレートにはエンドルフィンと呼ばれる幸福感を放出させる物質も含まれているのだとか。

特にブラックチョコレートは、幸福感を高められるという研究結果もあるので、リラックスしたいときに食べたいものですね。

 

関連記事

悩んでいる人チョコレートを食べると太ってしまうのかな?太らないチョコレートがあれば知りたいな。ついでに太らない食べ方も知りたい。  こういった疑問を解決していきます。  ・チョコレート=太るではない理由【ヒント:考え[…]

チョコレートの食べ過ぎには注意!1日1欠片を6個程度に

チョコレートの食べ過ぎには注意!1日1欠片を6個程度に

 

キスより4倍興奮するからといって、食べまくるのはNG

童貞でもそんなことしません。

 

なぜなら、高脂肪でもあり高カロリーだからです。

  • 糖尿病
  • 虫歯

 

食べ過ぎれば、これらの病気は避けられませんよね。

農林水産省の食事バランスガイドでは、チョコレートのような嗜好品は「1日200kcalまでが目安」と書かれています。

 

これをチョコレートに合わせて考えてみると、板チョコで言えば約半分以下。

つまり、1日の目安は1欠片6個程度となります

1日で食べる量なんて、これくらいで十分です。

 

なので、チョコレートはほどほどに楽しみましょう。

ちなみに、本記事で紹介した興奮状態を体験したいなら、純粋に「チョコレートを楽しむ」のが一番みたいですよ( `ー´)ノ

 

最新情報をチェックしよう!